阿部にメールを送るにはここにお願いします。



スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ひゃっほー


 これは・・・

ーーーーー

文系、理系を合わせた大卒就業者約1万人(平均年齢43歳)の得意科目と平均所得(年収)の関係を調べると、数学が得意な人の所得が約620万円と最も高く、2番目は理科が得意な人の約608万円だったと、同志社大や京都大などの研究グループが20日発表した。数学が得意な人と国語が得意な人とでは、約183万円の差があった。

 理系の就業者約3200人では、理科4科目の中で物理が得意な人の所得が約681万円で最も高く、生物が得意な人が約549万円で最低だった。こうした傾向は世代を通じて共通していたが、学習指導要領が変わり、「ゆとり」や「個性」が強調されて学習内容が減るにつれ、理数が得意な人が減っていた。


 同志社大経済学部の八木匡教授らによると、数学や物理が得意な人の所得が高いのは、論理的な思考能力が仕事の役に立っているだけでなく、理数が得意な人が減少傾向にある中、労働市場での評価が相対的に高まっている可能性がある。


mixiニュースより





僕・・・

数学と物理のせんせー





(^◇^)



| あべ | 18:39 | comments(0) | - |
スポンサーサイト


| スポンサードリンク | 18:39 | - | - |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Link

Comment

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Search

Entry

Sponsored Links

Archives

Feed